Merit

マンション経営のメリット


将来を見据え安定した生活を送りたいと考える方たちの間で、昨今マンション経営への関心が高まっています。
高所得者が不動産を持つのが当たり前になっている時代ですが、
大富豪でなければマンション経営ができない、という考えは正解ではありません。
安定した収入があるサラリーマンの方たちこそ、銀行融資を受けやすい不動産投資に最適な人物像といえます。
マンション経営について、具体的にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

『長期的な収入と老後の資金』

現在、少子高齢化が進み将来的には保険料の引き上げや給付額の引き下げなど、年金の運用方法はこれ
から大きく変わると考えられます。マンション経営は一度軌道に乗せてしまえば安定した収入を長期間継
続的に得ることができます。不労所得を老後の生活資金として活用するためにマンション経営を利用する
方も多くいらっしゃいます。

『生命保険として』

マンションのローン契約時に「団体信用生命保険」に加入をすることで、万が一契約者が死亡や高度障害
状態に陥った場合に、ローンが保険で支払われる仕組みとなっています。遺族は賃貸を継続する場合には
家賃収入が得られ、売却した場合にはその売却益を得られることとなります。不動産は、万一の場合に資
産として家族に残る大切なものです。

『節税対策』

賃貸住宅の場合、更地を所有している場合と比較して、固定資産税が1/6、都市計画税は1戸200㎡まで
1/3に軽減されます。また、相続税も現金や株が時価で評価されるのに対し、マンションは相続税法など
による計算で実際の価値よりも評価額が下がり、さらに賃貸されている建物評価は30%減が定められて
いるため、相続税対策の面でもメリットがあります。

『少額自己資金で』

マンションは一般的に金融機関の融資を受けて購入することができるため、多額の現金を準備する必要が
なく初期投資額が少なくても始めることができます。購入後は賃貸オーナー自身が家賃収入からローンを
返済できるので、購入後も少ない資金で運用していけるという強みがあります。オーナーズマンション経営
は資産づくりの有効な方法と言えるでしょう。